復活のパズル辞典! No2-迷路編-

パズル辞典
11 /27 2016
こんにちは!INてぐらるです!
アクセスありがとうございます。

今回のパズル辞典では「迷路」についてまとめます

・まず迷路って何ぞや?

迷路(めいろ)は、複雑に入り組んだ道を抜けて、目的地、ゴールまで辿り着くことを目指すゲーム、パズルのこと。(Wikipediaより)

つまり、スタートからゴールまで複雑に入り組んだ道を抜けていくパズルということですね。そしてこれだけがルールなので作り手の工夫次第でいろいろな問題が作れます。個人的にはそこが楽しいですね!

・一番最初の迷路って?
実は・・・・

不明です
今回調べてみましたがはっきりとしたものは見つかりませんでした・・・(情報求ム)

ですが、起源になりそうなものはいくつかありましたので、ご紹介します

1.ヨーロッパの迷路園
昔のヨーロッパの修道院や宮殿では、庭園の生垣等で壁を作った迷路が多くあったみたいです。テューダー朝やステュアート朝の時代に盛んに作られた。イギリスのハンプトン・コート宮殿の庭にあるものなど、現在も多くの迷路園が残っているそうです。ちなみに、ヴェルサイユ宮殿にもあったそうですよ!(現在はない)
迷路園例1
迷路園の一例(著作権者:Mysidさん、ライセンス:CC by-sa 3.0、<https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sch%C3%B6nbusch4.jpg?uselang=ja>) 

そしてこの迷路園、日本でも1876年、植木屋の川本友吉によって神奈川県横浜市老松町の花屋敷(遊園地)に作られたものが日本で最初の迷路園らしいです。その後各地で作られるようになったそうです。今の日本でも営業中のが多くあるみたいです!
行ってみたいですねえ!

2.ミノタウロスの迷宮
こちらは知っている方もいるのではないでしょうか。ギリシア神話で、ミノタウロスが閉じこめられた場所とされているものです。
迷宮
クレタ島のクノッソスの迷宮

ちなみに、この迷宮というもの、実は迷路とは似て非なるものなんです。
自分も調べて驚きました!

迷宮は以下の点で迷路とは区別される。
・必ず建物、構築物(迷路はその限りではない)
・通路は交差しない。
・一本道であり、道の選択肢はない。
・通路は振り子状に方向転換をする。
・迷宮内には余さず通路が通され、迷宮を抜けようとすればその内部空間をすべて通ることになる。
・中心のそばを繰り返し通る。
・中心から脱出する際、行きと同じ道を再び通らなければならない
(wikipediaより)

つまり、迷路に条件がかなーりついたのが迷宮になるみたいですね。
自分も混同していたので、驚きです。

3.石兵八陣
RPGでボスが迷路のような建物に住むように、昔の迷路の利用法には侵入者を阻む目的があった説があります。
その一例がこれです

-石兵八陣(せきへいはちじん)とは、『三国志演義』で登場する架空の陣。関羽の弔い合戦である夷陵の戦いの際、諸葛亮孔明が蜀軍が敗れたときのために、巨石によって前もって作成された。定期的に陣内で突風や波が起こるようになっている。物語中では、劉備軍を追ってきた陸遜軍は異様な殺気を放つこの陣を見て撤退した-(wikipediaより)

まあこれは架空のものですが・・・

・現在では
雑誌等にある紙面上での迷路、ゲームアプリとしての迷路、脱出ゲームとしての迷路などなど、
たくさんの楽しみ方が迷路にはあります。
恐ら、くルールのシンプルさのおかげでここまで、多様な楽しみ方ができたのではないかと考えます。

参考文献
・Wikipedia 迷路 (URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%B7%E8%B7%AF)
・Wikipedia 迷宮 (URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%B7%E5%AE%AE)
・パズル学入門 パズルで愛を伝えよう (東田大志 著)

ではまた次回!
スポンサーサイト

パズルアートギャラリーサイトはこちら↓

https://voodoo666216.wixsite.com/puzzleartgallery

1分思考など!YouTubeチャンネルはこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UC_uFpDle-PQy33-b7pTe7Xw

アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」はこちら↓

http://aspergerlife.hatenablog.jp/

パズル辞典~最古のパズル~

パズル辞典
05 /04 2015
どうも!INてぐらるです。(^-^)/
アクセスありがとうございますm(_ _)m
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

今回はパズルの起源についてです。
知ってる人も多いと思いますが、より多くの人に知ってもらいたいと思っているので書かせていただきます。

~パズルの始まり(エジプトぱねぇ)~

パズルの始まりとなったものはテーベの遺跡から見つかった今から約3700年前のエジプトの数学書アーメス・パピルスまたはこれを見つけたエジプト学者の名前からリンド・パピルスと言われています。

書かれていた内容は
"7軒の家で7匹ずつネコを飼っている。それぞれのネコは7匹ずつネズミを捕る。それぞれのネズミはムギの穂を7本ずつ食べる。それぞれのムギの穂からは7マスのムギがとれる。これらの数の合計はいくらか。"
と、いうものです。

[個人的な感想]
綺麗な計算パズルですね。7しか使っていないし(偉そう)
それにしてもさすがエジプト!文明ができただけのことはある!(だから偉そうだっての)

解法
まず家の軒数は7軒です。
次にネコの数を考えます。1軒の家に7匹
ネコがいるので

7(家一軒のネコの数)×7(家の軒数)=49匹

次にネズミの数を考えます。1匹のネコは7匹のネズミを捕るので

7(1匹のネコが捕るネズミの数)×49(全部のネコの数)=343匹

次にムギの穂の数ですが1匹のネズミが7本食べるので
7(一匹のネズミが食べるムギの穂の数)×343(全部のネズミの数)=2401本

そしてムギの穂1本にムギが7マスできるので
7(ムギの穂1本にできるムギの数)×2401(全てのムギの穂の本数)=16807

最後に全て足して…
7+49+343+2401+16807 = 19607
となります!

いかがだったでしょうか?
それにしてもこれを3700年前に作ったのはすごいなぁ…
条件変えれば派生も色々作れそうだし…

ではまた次回(^-^)/


パズルアートギャラリーサイトはこちら↓

https://voodoo666216.wixsite.com/puzzleartgallery

1分思考など!YouTubeチャンネルはこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UC_uFpDle-PQy33-b7pTe7Xw

アスペルガー症候群が活躍するための「生き方のコツ」はこちら↓

http://aspergerlife.hatenablog.jp/

INてぐらる

職業:大学生
趣味:パズル、カードゲーム等の考えるコト

このブログはリンクフリーかつ相互リンクOKです!
リンクや相互リンクしたいときには最新記事に報告お願いします。

タイトル:INてぐらるのパズルワールド
URL:http://integuraru217.blog.fc2.com/
でお願いします!

関連リンク
Twitterではパズルアートはもちろん、謎解き問題などを呟いています
フォローはお気軽に!
・TwitterID:@galaxy6530

Youtubeチャンネルでは「芸術」×「パズル」のパズルアートのメイキング映像やスライドショー、パズルアートブックの商品映像を公開しています。1分思考シリーズも!
・パズルアートチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC_uFpDle-PQy33-b7pTe7Xw


ランキング参加しています
良かったらぽちっと♪



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

Powered By FC2ブログ